家事/汚部屋/断捨離/節約/片付け/家計管理/家計簿/家事力/主婦

アカン嫁チッチの成長記録

家事全般を不得意とするアカン嫁です。私ってアカンなぁ〜と思う毎日だけれど、家族のためにもっと豊かな生活を送れるようになりたい!と思ってはいるのです。そんなアカン嫁の、三歩進んで二歩下がる成長記録です。家事・育児・家計管理・節約・妊娠・出産などをテーマに書き綴ってゆきます。何卒よろしくお願い致します!

アカン嫁の家計管理①

皆様こんばんは!

アカン嫁です。

今日はアカン嫁の家計管理についてお話したいと思います(^^)



アカン嫁…

手元にあるだけのお金をすぐに使いきりそう…

っていうイメージありませんか?

はい。

そういうタイプのアカン嫁さんもいらっしゃると思います。

私の場合は、

とにかく使い方が下手!!!!

です。。。

使いすぎるより、使っていい場面でも使えないことが多いですね。

使ってなくなるよりはいいのかもしれませんが、

これはこれで困りものなんですね〜。



私は裕福な家の生まれではないので、

就職するまで自由に使えるお金はほとんどありませんでした。

親は極度の貧乏性で、大学生になるまでお小遣いも貰えず…

お正月に貰えるお年玉を少し手元に残して使っていましたが、

中学生の頃、月に1000円使っていたら使い過ぎだと叱られました。

今思うと両親の頭の中、どんだけデフレやねん…って感じですね。

とにかくお金を使わないことを美徳とする両親の影響で、

私はお金の使い方が下手くそです。

お金を使うことに恐怖心すらありますね。



先日お話したように、私は看護師をしていた頃には月に手取り30万円前後の収入がありました。

大学上がりたての若い女性は、

服や靴や化粧品、ブランド物にお金をかけるケースが多いですね。

私の周りもそうでした。

が、

私の場合はと言うと…

月13万円をコンスタントに貯蓄に回し、

手取りの多い月は更に5万円を貯蓄。

残りのお金で生活していましたね。

ボーナスも一部貯蓄に回して、年間200万円近く貯蓄していたと思います。



先取り貯蓄でしっかり貯めて、

服や靴も贅沢せず、主にユニクロを装備。

でも…

残りのお金は、主に食費と酒代に消えていました。

外食やお高めのお惣菜に毎月数万円をつぎ込み、

ほぼ毎日晩酌をして、月数回は飲み会へ。

しっかり貯蓄しているようで、

残ったお金の使い方は非常〜〜〜に雑。

残念な感じですね。。。



しかも高い買い物をほとんどしていないからと言って、

本人はしっかり節制してるつもりでいました。

使わなくていい無駄金が積もり積もってかなりの額になっていたと、

今ならわかるのですが…。



結婚後、しばらくして私は看護師を辞め、

医療系の会社に転職しました。

元々大学病院に勤めていたので、転職後は年収が200万円近く下がりましたね…。

でも、夫の会社の借り上げ社宅である今のマンションに引っ越したので、

貯蓄額はそのままで頑張りました。

収入が減ったのに貯蓄額を変えていないので、

共働きの割にカツカツ感がありましたけどね。

そのお陰で少しだけ自炊の頻度は上がりましたが、

それでもやっぱり外食が多かったです。



はい。

お金の使い方が本当〜〜〜〜に下手!!!!

ですよね〜。

貯蓄を頑張ってる割に、

自炊をさぼるので食費がかさんで、家計を圧迫。

常に、

お金が足りない…欲しいものが買えない…

という気持ちでいっぱいでした。

でも貯蓄はしないと不安で。

なんだか常に追いやられている気分に。

貯蓄をすること自体が目標になっていて、

周りより貯蓄は多いかもしれないけど

なんだか全く豊かな生活が送れていなかったです。

貯蓄額を計算する時は幸せだけど、

それ故に貯蓄を崩す勇気がなくて、

貯蓄額の割に生活は貧乏くさい。

なんともバランスの悪いお金との付き合い方をしていました。



が、しかし!!!

ある時、そんな私がお金に対する考え方を改める機会がやってきました!

私のお金との付き合い方、間違ってた?…と気づかされる出来事が起こったのです!!

さて、何が起こったのでしょう(^^)



この続きは、また明日〜♪

おやすみなさい☆